ごまぞう

ペルーから導入した白ゴマ系統に南中国から導入した白ゴマ系統を交配して育成された品種。種皮の色は褐色、セサミン含有量は多、開花始めは晩成寄り、成熟期はやや晩成である。生育が安定しておりこれからの市場を担う期待をされている。
Average rating:  
 0 reviews
レビューを投稿する
1
2
3
4
5
     
投稿する

レビューを投稿する

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください