一関曲がりねぎ(いちのせきまがりねぎ)

岩手県の一関市で江戸時代頃から生産されている品種。伝統的な栽培方法により、白根の部分が全体的に大きく曲がっているのが特徴。甘さと柔らかさがあり、煮物や鍋などにとても適する。一般的な品種と比較して糖度が高く、タンパク質、カルシウム、ビタミンなどを多く含有するといわれる。首都圏の料亭を中心に人気。
Average rating:  
 0 reviews
レビューを投稿する
1
2
3
4
5
     
投稿する

レビューを投稿する

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください