万願寺唐辛子(まんがんじとうがらし)

京都の舞鶴市万願寺地区固有の品種。春の野菜。伏見唐辛子と大型ピーマンのカリフォルニア・ワンダーとの交雑種。濃緑色、12cm程度、太くて大きい。肉厚なばかりでなく、香りもよく甘味もあり、「とうがらしの王様」とも呼ばれる。天ぷら、煮物、焼き物などに向く。唐辛子の辛さの度合いを示すスコヴィル値は、0。
Average rating:  
 0 reviews
レビューを投稿する
1
2
3
4
5
     
投稿する

レビューを投稿する

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください