三鷹(さんたか)

〔本鷹〕と〔八房〕との交配で生まれた種類。深紅色、3~6cmで細長く、先が尖っている。三河の国(愛知県)で作られた事から名づけられた。果実は房成性で上向き、本鷹より少し大きい。現在は、栃木県で主に作られ、〔栃木三鷹〕の名で全国的に親しまれ、一味や七味の材料として重宝されている。
Average rating:  
 0 reviews
レビューを投稿する
1
2
3
4
5
     
投稿する

レビューを投稿する

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください