下田なす

下田なすは滋賀県南部の湖南市下田地区で明治時代以前から栽培されている在来種のなす。 水分を多く含み、そのままかじってもアクが少なく、甘みが感じられるのが特徴。 皮は薄く、実も柔らかい。形は小振りで10cm程度の卵形をしている。 また、見た目の特徴として額(ガク)の下に白いラインがくっきり浮かぶ。 ぬか漬けなどによく使われ、天ぷらや素揚げなどでも、柔らかい実が美味とされる。
Average rating:  
 0 reviews
レビューを投稿する
1
2
3
4
5
     
投稿する

レビューを投稿する

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください