九条ねぎ

日本を代表する青ねぎ(葉ねぎ)の一種。名前の由来は、京都市南区九条で主に生産されていたことから。古くから品種改良が行われ現在に至る。葉の部分が比較的太く濃緑色の〔九条太ねぎ〕、葉が比較的細く葉色が浅い〔浅黄系九条ねぎ(九条細ねぎ)〕に分かれており、前者は甘くて柔らかく、口の中でとろけるような食感が持ち味。また後者は薬味などに特に向く(福岡県の〔博多万能ねぎ〕、高知県の〔やっこねぎ〕などが有名)。
Average rating:  
 0 reviews
レビューを投稿する
1
2
3
4
5
     
投稿する

レビューを投稿する

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください