仙台長なす

伊達政宗が豊臣秀吉の朝鮮出兵の際、博多より持ち帰ったと伝えられる品種。東北の気候に順応して「仙台長なす」の名が付き、柔らかいナスに変わっていったといわれる。果長20~25cmほどと細長く、果皮は柔らかく果肉に適度なしまりがある。 収穫期は夏から秋。長茄子の中では早生系で九州系の晩生系長茄子に比べると、やや発芽力が弱い。 漬茄子のみでなく焼き茄子、煮茄子などどんな茄子料理にも用いられ、非常に美味。
Average rating:  
 0 reviews
レビューを投稿する
1
2
3
4
5
     
投稿する

レビューを投稿する

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください