八房(やつぶさ)

名前は、果実が上向きにまとまって房なりするところから。赤色、6cm程度で細長く、先が尖っている。辛さは本鷹の半分程度とされ、キムチ漬けなどに使われることも多い。収穫量が多いため、鷹の爪の代用品として栽培される。
Average rating:  
 0 reviews
レビューを投稿する
1
2
3
4
5
     
投稿する

レビューを投稿する

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください