寒山竹(かんざんちく)

「大名竹(大明竹)」とも呼ばれ、西南日本に広く分布。特に九州南部でよく食され、鹿児島県では「デミョウ」と呼ぶ。食用タケノコの中では最も遅い時期に収穫され、夏〜晩秋が旬。アクはほとんどなく、やわらかであるが歯ごたえも。そのおいしさから「筍の王様」とも呼ばれる。
Average rating:  
 0 reviews
レビューを投稿する
1
2
3
4
5
     
投稿する

レビューを投稿する

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください