最上赤にんにく

山形県最上地方の伝統野菜の一つ。外皮が赤紫であることからこの名がついたといわれる(実は白い)。普通の品種よりも大粒で、貯蔵性に優れ芽が出にくいことから、首都圏のレストランなどから注目されている。生では辛味が強いが、加熱するほどにほくほくとした食感と甘みが強くなるのが特徴。
Average rating:  
 1 reviews
赤倉ファーム さんのレビュー

最上赤にんにくと熟成最上赤にんにく(黒にんにく)を周年で出荷している唯一の生産者農家です。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~yamagata_akakura/

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
     
投稿する

レビューを投稿する

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください