沖田なす

山形県鶴岡市で生まれた「沖田なす」最大の特徴は皮が薄く軟らかいのが特徴で、なす特有の苦みやえぐみがなく、ほのかな甘みもある。一夜漬けとして食べられることが多く非常に美味と言われ人気が高い。「薄皮なす」と呼ばれる事もある。 6月下旬から10月下旬に収穫され、栽培には水の管理、軟らかい茎や枝などを守るための風対策など、様々な手間がかかるが、その美味しさから積極的な栽培が行われている。他に、田楽、煮びたしなどにも用いられる。
Average rating:  
 0 reviews
レビューを投稿する
1
2
3
4
5
     
投稿する

レビューを投稿する

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください