滝野川ごぼう

長根ごぼうの代表品種。長さ約1メートルほどにもなる。江戸初期から東京の滝野川付近で栽培され、現在の主流品種となっている。草勢旺盛で、葉柄は赤みを帯び、肉質はやわらかで香りに富み、品質上々。煮物、鍋物にすると風味が活きるため、きんぴらやかき揚げにすると甘み、うまみが増す。ミネラルではリン、カリウムなどを含む。
Average rating:  
 0 reviews
レビューを投稿する
1
2
3
4
5
     
投稿する

レビューを投稿する

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください