甲州とうもろこし

山梨県の伝統品種。硬粒種(フリントコーン)というだけあって、成熟すると実が固くなるため、未熟果を焼きトウモロコシにして食すのが「ポピュラーだった」様子。というのも、食のグローバル化が進むと同時に生産量が激減したため。現在はNPOが中心になり、本種の復活・活用で地域おこしが画策されている。
Average rating:  
 0 reviews
レビューを投稿する
1
2
3
4
5
     
投稿する

レビューを投稿する

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください