萬吉なす

鶴岡市湯田川に伝わる在来作物の「萬吉なす」 果実は非常に大きく長さ約15cm、幅9~10cmの丸型で、重さは400~500gにもなる。萬吉なすは、湯田川のたった一軒の農家でのみ作られてきた門外不出の茄子で、非常に珍しい品種。 7月初旬から収穫が始まり、8月に本格的な旬を迎える。 茄子特有のえぐみも少なく、種は少なめ、うま味が多く様々な料理に用いられる。
Average rating:  
 0 reviews
レビューを投稿する
1
2
3
4
5
     
投稿する

レビューを投稿する

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください