賀茂なす

江戸時代に紀州から京都御所に献上されたものが、やがて水に恵まれた上賀茂を産地に定着し、広まったとされています。形はボールのような正円形で、大きいものになるとは直径15cm以上、重さは1キロにも及び、長い三枚のへたを持ち、にぶく黒光りする重厚な紫色をしています。 果肉は厚く深い味わいが特徴。肉質がしまって煮崩れしにくいため田楽などに最適。 京都のなす料理といえば賀茂なすを使うのが一般的です。
Average rating:  
 0 reviews
レビューを投稿する
1
2
3
4
5
     
投稿する

レビューを投稿する

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください