養父早生(やぶわせ)

愛知県東海市養父町が主産地の固定種。栽培時にある工夫をすることで収穫時期をずらし、2~3月の間の安定供給を図る。扁平な外見と甘みが強いのが特徴。表皮が黄色であることから、黄たまねぎに分類される。肉質はやわらかく、辛みや玉ねぎ特有の香りは少なめ。サラダなど生食にも適する。〔あいち白〕とともに愛知県の伝統野菜の一つで、現在は「たま坊」というブランドの一角を担っている。〔あいち白〕と同様に種子の確保が困難な品種。
Average rating:  
 0 reviews
レビューを投稿する
1
2
3
4
5
     
投稿する

レビューを投稿する

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください