魚沼巾着なす

魚沼巾着なすは明治に和歌山県地方の早生なすと、地元魚沼地方で栽培されていた地ナスが自然交配して生まれた魚沼独自の品種。昭和30年代には、栽培の容易な漬物用梨なすの台頭に押され一時市場から駆逐されたが、その独特の食感と風味が再評価されるようになり、再び栽培が始まった。 丸茄子の形質が残っていて、肉質のしまりが良く、煮崩れしにくいのが特徴。 現在は、新潟県の南魚沼郡で漬物用に栽培されている
Average rating:  
 0 reviews
レビューを投稿する
1
2
3
4
5
     
投稿する

レビューを投稿する

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください